日経225オプションとの投資戦略

日経225オプション取引を利用すれば、上げ相場、下げ相場、
保ち合い相場のどの局面においても収益のチャンス!

相場が動かない時は!?

日経225先物、日経225ミニでは、日経平均株価が上昇時、
下落時に収益機会を狙えますが、薄商いで相場の上昇、
下落の幅が少ない場合が、ありまして、収益が、
思うように上がらないこともあります。

そのような場合は、日経225オプション取引を組み合わせるといいでしょう。
日経225オプション取引では、日経平均株価が上昇時、下落時だけでなく、
相場が動かない時でも収益機会を狙える点が大きな特徴のひとつです。

また、日経225オプション同士を組み合わせることにより、
上昇でも下落でもどちらか一方に一定幅以上株価が変動すれば利益が出る、

または上昇でも下落でもその変動範囲が、
一定幅に収まれば利益が出るといった投資戦略も存在します。

さらに、2008年9月より日経225オプション取引における限月、
権利行使価格、呼値の単位が変更されることにより、
銘柄の選択肢が広がり、多様な投資戦略を組むことが可能となる等、
ますます投資家の利便性が向上することも注目されています。

▼日経225オプションについては、当サイトの姉妹サイト

「日経255オプション 口座開設と詳細な解説」へ!!

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

Copyright (C) 2008日経225先物取引比較コンシェルジュ All Rights Reserverd.