証券CFD取引の注意点


売りポジションの場合に気をつけなければいけないのが、
証券CFD取引の「配当」と「金利」です。

「配当」と「金利」は、
国内現物株式などの株式CFD・日経225先物(SGX)などの
指数CFDを保有している場合に、売買の別によって発生します。

証券CFD取引ではポジションを保持していることにより「配当」が発生し、
買いポジションの場合は配当を受け取ることができます。

しかし、逆に売りポジションの場合は、
こちらが配当に相当する分を支払わなければいけないので注意が必要です。

金利は、ポジションを持ち越した(ロールオーバー)の場合に発生します。

ちなみに、FX(外国為替証拠金取引)では、(ロールオーバー)は、
ポジションの翌日持ち越しのことです。

FX(外国為替証拠金取引)で「金利」である、
スワップポイントはロールオーバーした時点で、
ポジションがあれば受け取るまたは、支払うことになるのです。

証券CFD取引の金利は、情勢によって変動したり、
受け払いが異なる可能性もありますので、ご注意ください。


* 注目の取引方法・CFD取引
CFD取引とは??  「限月CFD」「株式CFD」  CFD取引のメリット  CFD取引のリスク
マージンコールとロスカット  CFDの取引時間帯  CFD取引の税金はどうなる?
裏技!CFD取引節税方法  CFD取引の注意点  CFD取引の投資商品  CFD取引の普及は?
CFD「日本225指数先物」と日経225先物との違い
* CFD取引証券会社比較
総合比較 
* CFD取扱証券会社紹介
人気CFD取引会社徹底比較!  IGマーケッツ証券CFD ひまわり証券CFD DMM.com証券CFD

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

Copyright (C) 2008日経225先物取引比較コンシェルジュ All Rights Reserverd.