CFD取引は、普及するでしょうか?


CFD取引は、FXと似ていながらも幅広い取引対象があることもあり、
金融取引会社はCFD取引を次なる金融商品として注目しているようです。

なぜなら、CFD取引は、原油価格、金価格といった商品市況や、
日経平均株価やダウ30種平均といった株価指数、世界各国の個別株など
多くの資産を取引対象としていますので、
FXに比べて収益チャンスが多いともいえます。

 

しかし、取扱商品が優れているから、
必ず顧客に受け入れられるわけではありません。

CFDは、取引対象が幅広いだけに、個人投資家にとって
負担が、大きくなってしまう可能性があります。

それは、FXの取引対象である為替以外の知識 も必要になるからです。
為替は、もちろん、取引対象投資商品の情報まで収集することも必要です。

現在の日本の市場では、
FXの普及、更に、当サイトで述べています、日経225先物取引
と日経225先物取引miniの普及により、日本でも、
機関投資家しかなじみがなかった証拠金取引という
仕組みも広まりつつありますが・・・、

CFD取引を提供する取引会社は、
単にCFD取引のプラットフォームを用意するだけでなく、
個人投資家にCFD取引に関する啓蒙活動や
PRもあわせて実施することが不可欠のように思えます。

更に、個人投資家に対して利益が上げられるような、
サポート体制をCFD取引業界全体で、
築いていく必要があるかと思います。

* 注目の取引方法・CFD取引
CFD取引とは??  「限月CFD」「株式CFD」  CFD取引のメリット  CFD取引のリスク
マージンコールとロスカット  CFDの取引時間帯  CFD取引の税金はどうなる?
裏技!CFD取引節税方法  CFD取引の注意点  CFD取引の投資商品  CFD取引の普及は?
CFD「日本225指数先物」と日経225先物との違い
* CFD取引証券会社比較
総合比較 
* CFD取扱証券会社紹介
人気CFD取引会社徹底比較!  IGマーケッツ証券CFD ひまわり証券CFD DMM.com証券CFD

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

Copyright (C) 2008日経225先物取引比較コンシェルジュ All Rights Reserverd.