CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)で取引可能会社!!

▼詳細はコチラ▼
松井証券 詳細ページへ

 

CME

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)と日経225先物

日経225先物は、日本の市場である大阪証券取引所の他、CME(シカゴマーンタイル取引所)と、SGX(シンガポール取引所)にも上場されています。

このページでは、

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)について見て行きましょう。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は、
1898年に、シカゴ・バター・卵取引所(Chicago Butter and Egg Board)として
シカゴ商品取引所(CBOT)から独立し、
1919年にシカゴ・マーカンタイル取引所になりましたが、
そのシカゴ商品取引所(CBOT)を2007年7月
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が、買収がしました

このことによりまして
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は、
世界最大のデリバティブ取引所となりました。

そして、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)では、
先物取引をはじめとしたデリバティブ商品の上場に積極的に取り組んでいます。

また、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)においては、
大阪証券取引所とは取引時間が異なるため、
翌営業日の日経平均や
日経225先物の動きを読んでいく上では非常に参考になります。

それは、日経平均は、前営業日のシカゴ日経平均先物の
終値に対してさや寄せをするような動きを見せることが多々あるためです。

そのようなことから、寄り付き前のシカゴにおける日経225先物の情報を捉え、
日本における日経225先物の動きを探ることが、
とても大事であると言えるでしょう。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)における
シカゴ日経平均先物の取扱時間についてですが、
サマータイム等があるため、夏には、時間が変更になることがありますが、
取扱時間は、通常、日本時間で、
8時から翌朝7時15分となっています。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)では、
日経225先物の他にも、ナスダック100やS&P500の先物もあり、
アメリカの市場に大きく影響を与えていますし、
さらには日経225先物にこれらの値動きが響くこととなります。



CMEもOK! 松井証券 夜間先物取引

日経225先物は、日中とナイト・セッションの
大阪証券取引所だけでなく、日本時間の早朝から翌朝にかけて、
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)でも取引されています。

松井証券では、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場している
日経225先物(円建)の夜間取引を行っています。

夜間先物取引の最大の魅力は、値動きの大きさ。

タイミングをつかめば夜間に「日計り(デイトレード)」することも可能です。

詳しくは、こちらのバナーをクリックしてください。

 



※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

Copyright (C) 2008日経225先物取引比較コンシェルジュ All Rights Reserverd.