リスクヘッジ

まず、「ヘッジ」とは、
リスクヘッジというのが正しい言い方ですが、
「リスク回避」という意味です。

業界ではヘッジとだけで表現しています。

そして、
私募により巨大な資金を集めた投資信託を
ヘッジファンドと言ったりします。

彼らが、ヘッジファンドと呼ばれるのは、
買建て玉と売建て玉を巧みに組み合わせ、リスクヘッジをしながら
利益を確定していく売買手法を取っていることからです。

たとえば、彼らが、日経平均採用銘柄を大量に現物保有するファンドが、

「この先、急に景気が悪くなるので保有株の評価損が出てくる。
                対応しなければ・・・・。」

と自信を持って予測したとしましょう。

そこで、もし、彼らが、保有する株を一気に市場放出すると、
それだけで需給を壊す可能性が出てきます。

需給の悪い銘柄だったら
自ファンドの売却行為だけでストップ安を招くかも知れません。

また保有している株の中には、彼らが、
経営参加や配当目当てや乗っ取りのつもりで売るに売れない銘柄もありえます。

こうしたときに、
現物株の評価損と同額の空売り利益を得られるように計算して、
日経先物などを空売する手法でリスクヘッジする、
というような使い道があります。

そして、日経225先物や日経225先物miniの取引により、
先物の株価指数が、個人でも簡単に利用できるようになったことで、
このような「ヘッジ」は、個人投資家の間でも利用されるようになりました。

さて、個人が、日経225先物や日経225先物miniの取引を使用した
ヘッジを見て行きましょう。
この場合は、、投資信託会社が行っている方法とは、動かす資金量が、
違うだけで、基本的には、変わりないと言えましょう。

一般に、直近の相場全体が下げそうだなという時に、
現物株の銘柄を多数保有している、近々保有現物株を売るつもりがない、
持ち合いなどの条件で売ることのできない等の理由でヘッジとして、
日経225先物は利用されリスクを回避をします。

これは、株式を売ってしまうことと基本的には何ら変わりませんが、 少ない証拠金でリスクヘッジができるところが特徴です。

ただ、持っている株と日経平均株価が必ず連動する訳ではないので、
日経225採用銘柄の中でも株価指数に連動しやすい
現物株を保有している時に有効であるといえます。

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

Copyright (C) 2008日経225先物取引比較コンシェルジュ All Rights Reserverd.