日経225先物取引のメリット

日経225先物取引のメリットについて書いてみます。

1.少ない資金で大きな取引ができる

日経225先物取引では日経平均株価の
1,000倍の値段の取引を行うことになります。
例えば、日経平均株価が10,000円の場合1,000万円の取引をするわけです。

といっても、株式投資のように1,000万円が必要なわけではありません。

その取引額に応じた証拠金(例えば70万円等)を
証券会社に預けることになります。

ただ、
その場合でも利益は1,000万円を運用しているのと同じ効果がありますです
から、少ない資金(証拠金)で大きな取引ができるわけです。
(レバレッジ効果)


2.個別銘柄の選択が不要

日本を代表する225銘柄で構成される株価指数を対象にしています。
株式投資のように財務分析や銘柄選択などの作業は必要ありません。

日経225先物取引は基本的に日経平均株価に連動して動きます。


3.倒産リスクを避けることができる

日経225先物取引は株価指数を対象として
いるので倒産リスクを避けることができます。

これに対して、個別銘柄に投資した場合には、
その企業が倒産した場合のリスクも考慮しておく必要があります。


4.「金利」や「貸株料」が必要ない

日経225先物取引は、現物株の信用取引をおこなうときに 考慮しておかなければならない、「金利」や「貸株料」は必要ありません。

5.相場の下落時でも利益を追求できる

日経225先物取引は、相場の上昇時には買いから、下落予想時には売りからスタートできますので、相場の下落時にも利益を追求することが可能です。


日経225先物取引のデメリットへ








※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

Copyright (C) 2008日経225先物取引比較コンシェルジュ All Rights Reserverd.