ロスカット(損切り)

日経225先物とロスカット(損切り)

レバレッジ効果が非常に高い日経225先物取引は、ハイリスクハイリターンです。
ロスカット(損きり)により、この「リスク」を
管理することが長く取引していくうえで、最重要課題となります。

一般論では、ロスカット(損切り)を設定すると勝率は下がります。
最終的に勝つか負けるかが未定の時点で、その取引に負けの烙印を押すからです。

しかし、「いつかは騰がるだろう」と楽観的な考えで、ロスカット(損切り)をせず
これが出来ずに損を拡大させてしまってはお話になりません。

特に、中・長期投資の場合、いつの間にか損失が膨らんでいたというケースも
よくありますので、これは有効な方法と言えます。

また、デイトレード式のシステムトレードにおいても、
1日内での変動であっても、
日経先225先物取引においてはレバレッジが効いているだけに、
ある程度大きな金額となります。

その為、1日の中でのロスカット(損切り)が必要であると考える方もいると思います。

投資全般に言えることですが、欲を出しすぎないことが大切です。

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

Copyright (C) 2008日経225先物取引比較コンシェルジュ All Rights Reserverd.