裁定取引

裁定取引 (さいていとりひき)とは、アービトラージと
も言いまして、日経平均と日経平均先物の連動性を利用して、
2つの価格差が拡大したり収縮したりする値動きのサヤ取りを狙う取引です。

裁定取引 においての日経225先物取引における取引価格は、
日経平均株価の動向にもちろん左右されますが、実際にはそれだけではなく、
需要と供給の関係(需給関係)で決定されるという局面もあります。

むしろこの需給関係の方が重要と言っても過言ではありません。

「理論価格」と言って、日経平均株価(現物)を
基準にしていくつかの要素を加味して算出される先物価格があります。

いくつかの要素とは、日経平均株価(現物)、
短期金利、配当利回り、満期までの期間のことを指します。

これらの要素を利用し、下記のような数式を立てて計算をすることによって、
理論価格を算出することが出来ます。

理論価格=日経平均株価×{1+(短期金利〜配当利回り)×満期までの日数/365}

計算の結果算出された理論価格と、日経225先物の取引価格を比較してみると、

日経平均先物に実際についている価格が理論価格を上回った時には
「先物売り、現物買い」

先物価格が理論価格を下回った時には「先物買い、現物売り」という

売買を行い、先物価格が理論価格にサヤ寄せした時に
反対売買すればその値動き分が利益となります。

上記の関係を利用することによって、裁定取引 を行うわけです。

さて、今、述べましたのは、日経平均と日経平均先物の連動性を利用して、
2つの価格差が拡大したり収縮したりする値動きのサヤ取りを狙う取引です。

しかし、広い意味での裁定取引 は、同じ商品が別の市場
で異なる価格で取引されているときに、割安な市場で買い、
割高な市場で売って、利ざやを稼ぐことです。

また、連動性のある2つの商品の値動きの差が
拡大したら収縮したりする動きからサヤを稼ぐことも裁定取引 といいます。

その意味では、、日経225先物取引においては、裁定取引
の1種でもあります、スプレッド取引を行い思惑と逆方向に市場が
動いた場合でも、リスクを軽減できる方法もあります。

スプレッド取引についてはについてはこちらをクリック!

スプレッド取引

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

Copyright (C) 2008日経225先物取引比較コンシェルジュ All Rights Reserverd.