SGX

シンガポール取引所SGXと日経225先物

日経225先物は、日本の市場である大阪証券取引所の他、
CME(シカゴマーンタイル取引所)と、
SGX(シンガポール取引所)にも上場されています。

このページでは、SGX(シンガポール取引所)を
見て行きましょう。

SGX(シンガポール取引所)は、
1999年に旧シンガポール証券取引所と
、 シンガポール国際金融取引所が合併してできた取引所です。

SGX(シンガポール取引所)は、
証券およびデリバティブを取り扱う取引所です。

具体的には、日経225先物以外にも、日経225先物オプション、石油・貴金属
、ユーロ・ドルや円金利先物、同オプション取引、日本国債先物取引などが
上場しています。

日本市場の寄り付きを占う上で、市場参加者は非常にSGX(シンガポール取引所)に注目します。

なぜなら、SGX(シンガポール取引所)のほうが、
大阪証券取引所より、取引開始が、15分早いからです。

大阪証券取引所においては、
前場が9:00〜11:00、後場が12:30〜15:10、
イブニングセッションが、16:30〜19:00というサイクルで取引がされます。

一方、 シンガポール取引所では、
日本より15分早い8:45より取引が始まり、
前場8:45〜11:15、後場12:15〜15:30、
イブニングセッションが、16:30〜20:00のサイクルで売買が行われます。

大阪の市場がスタートした9時以降は、
二つの市場で日経225先物が動きますので、
2つの市場での動きはほぼ同じになります。

若干時間差がある状態で進行する2つの市場は、
互いに売買の具合をうかがいながら互いの市場における売買に影響を及ぼし合っています。

ただし、大阪市場で購入したポジションをシカゴ・マーカンタイル取引所
CME)やSGX(シンガポール取引所)で売却することは出来ません。








※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

Copyright (C) 2008日経225先物取引比較コンシェルジュ All Rights Reserverd.