スプレッド取引

スプレッド取引とは2つの証券の「金利差」や
「価格差(スプレッド)」を利用しておこなう裁定取引(アービトラージ)のことです。

スプレッド取引の種類

その「価格差」を利用したスプレッド取引には大きく分けて2種類あります。

@カレンダースプレッド取引
           =「同じ種類の銘柄の異限月の価格差を利用するもの」

       例えば、日経225先物3月限を買い建て、
       日経225先物6月限を売り建てるといったものです。

Aインターマーケットスプレッド取引
           =「違う種類の銘柄の同限月の価格差を利用するもの」

         例えば、日経225先物3月限を買い建て、
       TOPIX先物3月限を売り建てるといった取引です。

このように、スプレッド取引では、
2つの証券の価格差が一定水準以上に乖離した場合に、
割高な限月を売り建てて、
同時に割安な限月を買い建てたりして取引をおこないます。

また、スプレッド取引を使うことにより、
市場の動向に関係なく利益を狙うことができます。

思惑と逆方向に市場が動いた場合でも、リスクを軽減できることも特徴です。

ただし、両者の価格が上がっても下がっても、価格差が縮小すればその差額が
利益になりますが、反対にスプレッド(価格差)がさらに広がると損失になります。

これは日経225先物取引を行う上で、
上級者になるために必ず覚えておきたい手法です。

取引例など、詳しくはスプレッド取引の取引例へどうぞ。

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

Copyright (C) 2008日経225先物取引比較コンシェルジュ All Rights Reserverd.