スプレッド取引の取引例

例:直近限月の6月限の価格 13,000円
          9月限の価格 13,100円

この場合、直近限月の6月限を13,000円で買い建て、
9月限を13,100円で売り建てます。
現在の限月の価格差(サヤ)は100円ですね。

そして6月限が13,050円になり9月限が13,120円(価格差が70円)に
なったので、両方の建て玉を決済しました。

6月限の買い建て分 13,050−13,000=+50
9月限の売り建て分 13,100−13,120=▲20

・合計損益 +30円
(サヤが100円から70円に縮小したので利益がでました)

上記のように、この取引において注目するのは「価格差のみ」です。

いくら両方の限月が急上昇(暴落)したところで、
価格差が変わらないということは損益も変わらないからです。

上の例はカレンダースプレッド取引の例ですが、
インターマーケットスプレッド取引についても考え方は同じです。




サヤ取りに関する関連書籍

研究材料に下記の書籍を参考にするのもよいですよ。

 ・株式サヤ取り教室―安全有利な裁定取引

 ・マンガ サヤ取り入門の入門―
スプレッド、アービトラージ、ストラドル…すべての基本はココにある!
(ウィザードコミックス)

※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

Copyright (C) 2008日経225先物取引比較コンシェルジュ All Rights Reserverd.