【か行】

・買い手
先物・オプション取引において「買いのポジション」を建てた投資家。
・買戻し(かいもどし)
売り建てた建玉を買って決済すること。
・株価指数(かぶかしすう)
個々の株価の合計をある一定の基準で集計し、指数化したもの。
株式市場の変動を前日との比較や中・長期的に把握できる。
日経平均株価(日経225)は日本の株式市場を
代表する株価指数として投資家や市場関係者の間で最も浸透している。
日経平均株価(日経225)以外の株価指数としては、
東証1部上場全銘柄の時価総額をベースに、
'68年1月4日の時価総額を100として指数化した
東証株価指数(TOPIX)も投資家の運用指標として定着している。
国内全取引所の上場銘柄を対象に、
浮動株調整後の時価総額上位1,000銘柄で構成される
「RNプライム指数」などがある。

期先(きさき)
期近限月に比べて、決済期限が将来の限月をいう。
期近(きぢか)
取引されている限月のうち決済期限が最も近い限月をいう。

限月(げんげつ)
先物・オプション取引で、取引できる期限の月こと。
日経225先物取引では、3月、6月、9月、12月の
限月のうち直近の5限月が、
日経225miniでは、2限月が取引される。
一方、日経225オプション取引では、3月、6月、9月、12月の限月のうち
直近5限月とそれ以外の直近の限月3限月を加えた
8限月が取引される。
先物・オプション取引では、この限月が銘柄名となり、
例えば9月の限月を取引する場合は
9月限(くがつぎり)と呼んで注文する。
・原資産(げんしさん)
見本
先物・オプション取引の対象となる商品。
日経225先物・オプション取引の場合は
日経平均株価(日経225)が原資産となります。

・更新値幅(こうしんねはば)
価格の乱高下を防ぎ、価格の継続性を
維持するために設けられている
買い気配や売り気配で1回に動く値幅のことをいう。
更新値幅を上回って取引が成立しそうな注文状況の場合は、
特別気配を表示して更新値幅の間で気配値を更新し、
注文条件に近づけていきます。








※お申し込みをされる際は、証券会社のホームページにて詳細をご確認ください。必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。

Copyright (C) 2008日経225先物取引比較コンシェルジュ All Rights Reserverd.