気仙沼大島

大島の東日本大震災前と後の状況の写真が見れる
大島汽船株式会社のビフォー・アフターのページへ。

姉妹サイト
「フォルクスワーゲン@ゴルフカブリオレってどう!? 」の
「気仙沼大島」のページへ(標準語版)

気仙沼大島

気仙沼大島へ渡るのには、2008年現在、 大島汽船の船で、エースポートか、商港岸壁から渡るしかってねぇ〜け。
商港岸壁からは、
車を載せることが出来るカーフェリーが毎日就航してっけぞ。

2018年度には、大島架橋が開通されるごどが、
決まり、2008年度の夏からいよいよ竣工だっけ。

気仙沼大島


気仙沼大島へは、気仙沼駅から タクシーで約10分くらいの、ここ。 エースポートから渡るんだげんども、車でも来れッケ。
んでも、あんだが、車で来た時は、
エースポートの有料駐車場に停めなげればなんねぇ〜けぞ。

大島汽船 エースポート

あど、商港岸壁がらカーフェリーっていう手もあっけ。

船内

船内は、結構広くて快適だっけ。
25分で気仙沼大島へ着くし、気仙沼湾内を 走るので揺れはほとんど無いがら、船酔いしやすいあんだもOKだべっちゃ。

浦の浜

気仙沼大島の"浦の浜"という発着所に着くと
ズギこの看板が、あっから気仙沼大島内観光に 役立ててけろ。

気仙沼大島 気仙沼大島
亀山リフト

このリフトは、亀山リフトつって
4月初旬から11月中旬まで、稼動している リフトだっけ。

亀山リフト 亀山リフト

大島の北側に位置する亀山は、 標高235mの自然の展望台で、
この亀山リフト(延長902m、所要時間12分)で 登る。
浦の浜港から歩いて3分のところにあるっけ。
外洋と内湾を一望する快適な空中散歩が楽しめっけぞ。
あど、車でも登れるし、歩いてもいけっつぉ。

亀山リフト

管理人のかん太は、この時は、春でポカポカ陽気で気持ちよかったので 帰りは、あるって降りてきたっけ。

気仙沼大島 気仙沼大島

このように、下に鉄製の網が有るから落っこちる心配が、無くて 安心だっけ。

亀山 亀山

この時は、丁度、桜が、満開の時に行ったけんども、
この年は、(2007年)桜の咲く具合が、
非常に悪くて 葉桜状態でガッカリだったけ。

桜 桜

山頂駅

休憩所 休憩所

この上下4枚の写真は、頂上駅から展望台へ歩いていく時に 見下ろして撮った写真だっけ。
右上の休憩所にトイレやチョットした休憩所があっけ。

展望台 展望台

上野2枚も展望台へ歩いていく時に 見下ろして撮った写真。
左側の写真をクリックしてけさいん。
金華山が、薄っすらと見えっぺ。

見唐桑半島

唐桑半島だっけ

唐桑半島

もう少しで頂上の展望台

金華山 金華山

上の2枚は、展望台がらの眺めで、天気が、良くて金華山沖に 霧が、無げれば、金華山fが、良ぉ〜ぐ見えるっけぞ。
写真に写ってねぇ〜げんども、写真の右側が、気仙沼市街だっけ。

椿 椿

気仙沼大島は、大島椿マラソンというマラソン大会があるぐれぇ〜椿の産地で有名だっけ。

亀山の山頂からの帰りは、歩いて降りてきた。
何でかというと、この下の写真の十八鳴浜(くぐなりはま) へ久しぶりに寄ってみようかと思ったからだっけ。

十八鳴浜

この日は、ポカポカ陽気で暖かかったので、
十八鳴浜(くぐなりはま)へ 行く気になったんだげんども、
まず、疲れたっけ。

十八鳴浜 十八鳴浜

なんで疲れたかっていうと、
この標識まで亀山頂上から 歩いて20分。

更に、
標識から十八鳴浜(くぐなりはま)へ20分くらいかがったべが。

くぐなりはま くぐなりはま

普通のアスファルトだとかだと、かん太には、大したごど ねぇ〜けんども、標識から先は、デコボコ道で更に、歩くと 細いチョイと傾斜がある、道を降りねばなんねぇ〜っつっことは、 帰りは、その道を登るってっ〜こって、マジ疲れたけんども、 行って良かったけ。
すんげ〜綺麗で、人は、かん太のみで、プライベートビーチ状態! (イェ〜イ!!)(ノ≧∇≦)ノ
砂は、"キュッキュッ"良く鳴ったけ。

その時に動画で"キュッキュッ"良く鳴く砂を取ってきたり、
十八鳴浜全体を激写(笑)して来たんだけんども、
そのデーター を探してもどこにも無いんだっけ。 (*´Д`;)
消したんだベガ?(´Д`)yー。oO

また、撮ってきたらこのページに載せるがら楽しみにしてケサイン。('◇')ゞ

ほんでそこを後にして今度は、「気仙沼ちゃん」の民宿を見学に言ったんだげんども、50分くらい歩いたっけがな?

詳しくは、別ページへ

気仙沼ちゃん

気仙沼ちゃんのページへ







夏の大島だべ



大島 大島

夏は、暑いのと
特に、用事が、無いので出かけたくなかったけんども
帰省してきた友人に「大島に行きてぇ〜」と
言われて付き合っていったときの気仙沼大島の店を紹介すっぺ。
この店は、船の発着場がらあるいで2〜3分のところにあり、
発着場から見えっけし気軽にいげっつぉ。

こごは、よぐTV局などに取材され、
芸能人や政治家など、有名な人が、来たりしていて、芸能人達と一緒に撮った写真が、店に所狭しと飾っていだ。

知事と衆議院議員との3ショットも有ったけな。

気仙沼大島 ばっぱ 気仙沼大島 ばっぱ

肝心の、食事だげんど、うぅ〜ん・・・これで、1800円だべかぁ〜? 家で、いつも食べている内容なので・・・都会からの観光客は喜ぶんだべが?
味は、悪ぐねぇ〜げんとも隣の、客が食べていた、 700円の焼肉もうまそうでしだべや。 (*´д`*)

まぁ〜、この店は、"名物ばっぱ"のキャラで有名だそうで・・・・確かにおもしろい"ばっぱ"だっちゃ。

気仙沼大島 ばっぱ

前回、桜の時期に大島へ渡った時に、この店の前をうろついてたら
ばっばにキャッチセールス(笑)されで、
入ったんだげんども
土産物にどんどんオマケをつけるから、どうだべ?
とか・・・ってここで、 買うと安いみたいだっけ。
その時に、 「コーヒー飲んで!」って言われて、タダでインスタントコーヒーを飲みながら、世間話をして帰ってたんだけんとも、その時にメニューに書いてあった 、
「三陸定食」(だっけ?)が、目に留まり、次回、来たら食べてみようと思い行ったのだけんとも、残念な結果だっけし。

あと、船乗り場からチョっと、歩いたところに、
甘茶屋があんだけんども

気仙沼大島 甘茶屋

甘茶屋 甘茶屋

ソフトやアンミツなど、甘いものや、ビール等のお酒も販売してっけ。 店の裏の方は、亀山に登ってから涼んで帰ってきたけど 落ち着いたオープンカフェ(笑)だったっけ。

観光案内所 夫婦狸

左の写真は、リフト乗り場前の、観光案内所で。 ここで、聞けば、大島のことは、なんでもわかるみたい。
右の写真は、土産物屋?(忘れだ^^;)
の前に立っていた、夫婦狸?
意味不明(爆)

ひまわり リフト

夏は、同じリフトに乗っても、咲いている花が、違うのど、太陽の輝きが 違うんで景色が、変わるっけ。 嫌々行ったんだけんとも、行ってよかったケ^^;

ひまわりとあじさい?が、綺麗だ。 

あじさい あじさい
ひまわり リフト

リフト

リフト ひまわり

こんな、感じで、春とは、また違い、太陽と緑が、眩しかった。

展望台 展望台

帰りは、時間的に、普通のフェリーに乗れなかったんで カーフェリーで帰ってきたっけ

気仙沼大島 甘茶屋

気仙沼大島 気仙沼大島

カモメが、沢山飛んでだ・・・。    夏は、多いみたい。

気仙沼大島 気仙沼大島

 船には、カッパエビセンが、売って有ってそれで、餌付けでぎんだ。

気仙沼大島 気仙沼大島

姉妹サイト
「フォルクスワーゲン@ゴルフカブリオレってどう!? 」の
「気仙沼大島」のページへ(標準語版)


このページのトップへ